夏は暑く、冬は雪が少ない三軒茶屋の気候

近年は都市化の影響で東京23区内の全域でヒートアイランド現象が起こり、夜間の温度が下がりにくくなっていますが、世田谷区の三軒茶屋においても同様の現象が起こっています。この地域は太平洋側の気候に属しているため、夏の季節は高温多湿ですが、冬の季節は雪が少なく、乾燥した晴天が長く続きます。三軒茶屋付近の地形は武蔵野台地によって形成されているため、低地が広がる東京の湾岸地域よりは標高が高くなっています。標高が湾岸部よりも高くても涼しいとは限らず、内陸地域のように夏の暑さが厳しくなることもあります。近年では温暖化の影響もあり、夏の季節に局地的な集中豪雨に襲われることが多くなりました。

このような集中豪雨はゲリラ雷雨とも呼ばれますが、範囲が狭く予想が難しいため、厄介な問題となっています。

2月頃に南岸低気圧が通過するようなときでも、最近では大雪になることは珍しくなりました。都市全体の気温が上昇しているため、20センチ以上のまとまった雪が積もりにくくなりました。