大山道の茶屋にはじまる三軒茶屋の歴史

三軒茶屋が行政上の地名として定着したのは比較的新しく、世田谷町の旧東京市編入により世田谷区が誕生した昭和7年のことになります。

明治以前の歴史を見ると、今の三軒茶屋にあたる地域はおおむね太師堂村と上・下馬引沢村に分かれ、天領、大名領、旗本領が入り組んだまとまりのない地域となっており、八幡宮の祭礼が唯一これらの村々をつなぐ絆として機能していました。

しかしながら、三軒茶屋という名称じたいはこの頃から存在していたようで、現在の世田谷通りにあたる大山道とよばれる街道と、現在の玉川通りにあたる脇街道の二子道がこの地で交わり、信楽、角屋、田中屋の三軒の茶屋が建っていたことがその由来とされています。

江戸時代には雨乞いの御利益があるとされる大山阿夫利神社への参詣が流行をみせており、街道を行き来する旅人たちで大いに栄えていました。

明治40年には玉川電車が開通して渋谷との連絡もよくなり、今の世田谷公園にあたる駒場練兵場をはじめ旧軍施設も周辺に立地したことから、より繁華な場所として成長します。

その町並みも戦時中の空襲により破壊されますが、戦後の復興期に青空市の中から商店街が生まれ、現在では駅前の再開発により複合ビルのキャロットタワーが建設されるなど、世田谷区随一の商業地域となっています。